高血圧改善にはサバの料理がいいの?

家庭で介護をしながら看護をして、食事の用意をするのはさらに負担が大きいものです。そして、その看護をしている方に高血圧改善が必要になった場合には何を作ってあげればいいのか悩むことです。そこで高血圧改善におすすめの食材にサバがあります。サバの料理は日本人にはとても馴染みの多いものです。サバの料理で良く食べられているものではサバの味噌煮、サバの塩焼き、シメサバなど多くあります。縄文時代からサバは食べられてきているのです。サバは青魚ということで是非摂取したいものですが、ビタミンA、B群、D、鉄分などが豊富に含まれています。そして、血液をサラサラにする成分や多価不飽和脂肪酸の量は全魚類中1番です。サバの健康効果には多くのものがありますが、高血圧改善にはとても効果があります。サバで有名になっている福井県大野市でのいいつたえで半夏生(夏至から数えて11日目)にサバを1匹食べるとき夏負けしない、というのがあります。福井県沿岸部などのサバをよく食べている地域では、他の地域に比べて高血圧疾患が少ないことが分かったのです。血管疾患による死亡率が山間部より沿岸部の方が低いと調査でわかったのです。サバのぬか漬け(へしこ)などに含まれるサバペプチドという物質が強力に高血圧を防ぐ効果があることがわかりました。従来からよく食べられている日本の伝統料理ともいえるサバを使ったものですが、味噌煮はサバのぬか漬けと同じような高血圧改善の効果を持っているのです。サバの料理は作り置きもできますので看護の合間に作っておくこともできます。高血圧改善にも効果的で、使いやすい材料で手に入るのも簡単なものですから、いつでも調理ができます。